無料ブログはココログ

« 通院から再入院へ | トップページ | 移転のお知らせ »

2007年3月14日 (水)

石綿による健康被害の救済に関する法律

2005年の暮れに当時の主治医M医師より、悪性のびまん性胸膜中皮腫上皮型と告知されて以来、当時話題になっていたアスベスト関連法案に関心をもつと同時に、ネット上で出来る限りの中皮腫に関する情報を集めました。

2006年3月17日より石綿健康被害救済給付の申請・請求等の受付開始となり、私も既に取り寄せていた申請書類やレントゲン・CT・MRI病理検査関係の書面等を主治医より借り受け、用意してもらい郵送にて、独立行政法人環境再生保全機構宛てに申請いたしました。2006年7月12日認定申請に係る認定(第2回)にて漸く認定され、当福島県は第一号認定患者となったわけです。

同年8月より、療養手当ての給付と共に前月に交付された石綿健康被害療養手帳も有効となり、石綿健康被害に拘わる治療費はその一切が公費負担となったのです。石綿による健康被害の救済に関する法律が発効した2006年3月27日以降の治療費も申請によって還付され8月からの外来診療における自己負担金約3万円弱も公費負担となった為助かりました。

« 通院から再入院へ | トップページ | 移転のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石綿による健康被害の救済に関する法律:

» 石綿管っていわゆるアスベストってことですかね・・? [石綿管っていわゆるアスベストってことですかね・・?]
石綿管っていわゆるアスベストってことですかね・・? [続きを読む]

« 通院から再入院へ | トップページ | 移転のお知らせ »